イヤな会社に縛られずPC1台で自由に稼ぐ
元ブラック塾講師Osamu先生が要介護の母の面倒を見ながらPC1台で稼ぐブログ

プラグイン設定

リンクエラーを自動で見つけるプラグインBrokenLinkChecker(ブロークンリンクチェッカー)の導入と設定

 

Osamu
Osamu
こんにちは。Osamuです♪

 

今回は、Broken Link Checker
(ブロークンリンクチェッカー)という

 

プラグインの導入と設定について
あなたにお伝えしていこうと思います。

 

Broken Link Checker
というプラグインは、

 

あなたがブログの中で
リンクを貼ったものが、
エラーになってしまった時に、

 

自動的に検出して、
あなたにお知らせをしてくれるという、

 

とても優れた
プラグインになっています。

 

私自身も
すごくお世話になっている
プラグインの一つであり、
とても便利なものなので、

 

今回、私と一緒に
Broken Link Checker
導入・設定していきましょう。

 

リンクエラーを自動で見つけるプラグインBrokenLinkChecker(ブロークンリンクチェッカー)の導入と設定の動画講習

 

この文字をコピーして貼り付けよう

Broken Link Checker

 

リンクエラーを放っておくとどうなるの?

さて、せっかくBroken Link Checker
見つけてくれたリンクエラー

 

そのまま放置しておくと
どうなってしまうのでしょうか?
確認していきましょう。

 

まず1つ目は、記事の中に、
リンクエラーがあることによって

 

あなたのブログを訪れた方に、
不便な思いをさせてしまう
ことになります。

 

ちょっと想像してみてください。

もしあなたが、
どこかのサイトに行った時に、
貼ってあるリンクをクリックしたら、

 

「ページが見つかりませんでした」
と出てしまうのです。

 

あまり気分のいいもの
ではないですよね。

 

これは一言でいうと、
「読者のために良くないこと」
ということで

 

ユーザビリティが下がってしまう。
ということになります。

 

そして、ユーザビリティが
下がることによって、
アクセス数が減ることにつながり

 

グーグルからの評価も
下がってしまいます。

 

そして、その記事の検索順位は
落ちていくことになります。

 

その結果、
あなたのサイトのSEOも落ちていく、
ということになってしまいます。

 

そんなことにならないためにも
Broken Link Checker
リンクエラーを見つけてくれたら、

 

直ちに、記事のメンテナンスを
してしまうことをおすすめします。

 

今日も最後までご覧いただきまして
ありがとうございます。

アフィリエイト完全初心者が
月収10万円を稼ぐための予備校

メルマガ登録で教科書無料プレゼント