イヤな会社に縛られずPC1台で自由に稼ぐ
元ブラック塾講師Osamu先生が要介護の母の面倒を見ながらPC1台で稼ぐブログ

プラグイン設定

直感的に使える投稿画面のプラグインClassicEditor(クラシックエディター)の導入

 

Osamu
Osamu
こんにちは。Osamuです♪

 

今回は、ClassicEditor
(クラシックエディター)という

 

プラグインの導入について、
あなたにお伝えしていこうと思います。

 

このプラグイン、ClassicEditorは、
直感的に使える、

 

とても使いやすい
エディター(投稿画面)になります。

 

今回の動画講習で、
私と一緒にこのClassicEditor
導入していきましょう。

 

直感的に使える投稿画面のプラグインClassicEditor(クラシックエディター)の導入を動画講習で学ぼう♪

 

この文字をコピーして貼り付けよう

Classic Editor

 

新しいエディターのブロックエディター(Gutenberg(グーテンベルク))は難しい?

まずは、使い慣れている
クラシックエディターの感覚で言うと、

 

一文字一文字を書いて1行になり、
段落になっていくという感じで、

 

それぞれの文字単位または行単位で、
文字を装飾したりしていくものです。

 

そして、タイトル入力が最初だとか
本文が後だとか言う順番も問われず、

 

自由に
記事を書いていくことができます。

 

クラッシックエディターの感じ

1文字1文字が文章になり
文章が段落になっていく

 

ということですので、
クラッシックエディターは、

 

文章を書いていくという意味では
ごく普通のスタイル
なのでないでしょうか。

 

そして、ブロックエディター
Gutenberg(グーテンベルク)は 、

 

下の画像の通り、
まずタイトルを入れて始めていきます。

最初にタイトル入力を強要される感じ

 

そして、段落を
一つの塊(ブロック)とみなして、

 

ブロックごとに、
完成させていくという感触で、

 

そのブロックが集まったものが
記事になるという感じがあります。

ブロックごとに作っていく感じ

 

ブロックをひとつずつ
完成させていくというところは、

 

文章を書いているというより
何か作品を作っているような
感覚になってきます。

 

ですので「記事=文章を書く」

という意味では、私はすごく
違和感や不自由さを感じました。

 

やはり文章を書くとなると、
一文字一文字、1行1行で自由に扱える

 

クラッシックエディターの方が、
記事を書くのに適していると
私は思いました。

 

ですので私は、執筆するのには、
クラシックエディターの方が
はかどると思っています。

 

私個人の感想になるかもしれませんが、

私は新しいエディターの
ブロックエディターで記事を書くのは
難しいと感じています。

 

今日も最後までご覧いただきまして
ありがとうございます。

アフィリエイト完全初心者が
月収10万円を稼ぐための予備校

メルマガ登録で教科書無料プレゼント