イヤな会社に縛られずPC1台で自由に稼ぐ
元ブラック塾講師Osamu先生が要介護の母の面倒を見ながらPC1台で稼ぐブログ

ブログテクニック

Googleアナリティクスの導入についての補足[以前のユニバーサル・アナリティクスと最新版GoogleAnalytics4について]

 

Osamu
Osamu
こんにちは。Osamuです♪

 

今回は、
Googleアナリティクスの導入についての
補足事項についてあなたにお伝えしていきます。

 

2020年10月に
新しいアナリティクスである
Google Analytics 4
リリースされています。

 

現段階で、当コンテンツでは
旧バージョンのGoogleアナリティクス
使用することを推奨します。

 

ですので、旧バージョンの
Googleアナリティクスである
「ユニバーサル・アナリティクス」
導入することをおすすめします。

 

合わせて、最新版である
「Google Analytics 4」の導入についても
紹介していきますので参考にされてください。

 

Googleアナリティクスの導入【動画講習】

 

 

 

サイトのSSL化(https化)
まだの場合は、

下のリンクから動画を参考に、
SSL化(https化)を済ませてくださいね♪

 

SSL化(https)でサイトの安全性と信頼性をアップ!動画講習で手順を紹介サイトのSSL化(https化)の手順を動画講習で学ぼう♪そして、SSL化(https化)ができているか?安全性と信頼性を確認してみよう...

 

【補足】以前のユニバーサル・アナリティクスを導入する場合

先ほどもお伝えしましたが、
当コンテンツではこちらの
ユニバーサル・アナリティクス
バージョンをおすすめしています。

 

<手順>

動画の 4:30 付近~

 

アカウントの設定の
「アカウントのデータ共有設定」
のところはデフォルトのまま
「次へ」ボタンで進みます。

 

プロパティの詳細の枠の下の部分
「詳細オプションを表示」をクリック

 

「ユニバーサルアナリティクスプロパティ」
の作成のボックスが開きますので、
スイッチをオンにします。

 

スイッチをオンにすると
このようになりますので、

 

「ユニバーサルアナリティクスの
プロパティのみを作成する」
チェックを入れます。

 

ここでウェブサイトのURLを入力します。
「https://」と「http://」の選択を
間違えないようにしてください。

 

プロパティの詳細の中の
「プロパティ名」を入力します。

この名前は、あなたが分かりやすい
任意の名前で大丈夫です。

 

「レポートのタイムゾーン」を選択、
日本を選択します。

 

「通貨」を選択します。
日本円を選択します。

 

入力が完了しましたら「次へ」をクリック。

 

ビジネスの情報は
アンケート感覚の回答で大丈夫です。

 

それぞれにチェックを入れます。

 

「作成」ボタンをクリックして、
利用規約に目を通し同意をします。

 

利用規約は
言語の選択ができますので、
日本を選択してください。

 

ここで動画の 7:50 付近に戻って
トラッキングIDの設定に入ってください。

 

その後は動画のとおりの手順で
進めていってください。

 

【補足】最新版Google Analytics 4を導入する

<手順>

動画の 4:30 付近~

 

アカウントの設定の
アカウントのデータ共有設定
のところはデフォルトのまま
「次へ」ボタンで進みます。

 

プロパティの詳細の
「プロパティ名」に任意の名前を入力
「レポートのタイムゾーン」「通貨」を
選択後「次へ」をクリック

 

ビジネス情報として、
それぞれ当てはまるところに
チェックを入れていきます。

チェック後「作成」をクリック。

 

ここで規約が出てきますので、
言語を日本に合わせて目を通してから
同意して進みます。

 

こちらの画面になりますので、
「ウェブ」をクリックして進みます。

 

ウェブストリームの設定の画面では
あなたのブログのURLを入力、
ストリーム名は、
あなたの好きな任意の名前を入力、

 

入力後「ストリームを作成」をクリック

 

これであなたのブログの情報が
アナリティクスに登録できました。

 

次は、あなたのブログと
アナリティクスを紐づける作業に入ります。

 

解析コードをブログに設置する

アナリティクスの
左メニュー「管理」をクリック

 

プロパティのブロックの
「データストリーム」をクリック

 

先ほどあなたが作った
データストリームをクリックします。

 

ウェブストリームの詳細の中の
グローバルサイトタグを展開します。

 

解析コードが出てきますのでコピーします
右側のコピーマークをクリックすると、
コードを1クリックでコピーできます。

 

コードがコピーできましたら、
ワードプレス
「外観」「テーマエディター」に入ります。

 

編集するテーマ「Simplicity2」を選択

 

テーマファイルの「 header.php 」を選択

 

「 <head> 」の下を1行空けて、
そこに先ほどコピーしたコードを
貼り付けます。

 

コードの貼り付け方に関しては
こちらの記事の後半でも触れていますので
参考にされてくださいね。

Googleアドセンス審査の申請方法の動画講習Googleアドセンス審査の申請方法を動画講習で学ぼう♪そして、Googleアドセンス審査の申請方法の補足について綴っています。...

 

このファイルを書き換える場合は、
念のためバックアップを取ってから
作業に入ることをおすすめします。

 

貼り付けが完了しましたら、
下の「ファイルを更新」をクリックします。

 

これで、あなたのブログと
アナリティクスの紐づけが完了しました。

 

次は管理者除外設定をやっていきましょう。

 

Google Analytics 4での管理者除外設定

先ほどと同様にアナリティクスの
左メニュー「管理」をクリック

 

プロパティのブロックの
「データストリーム」をクリック

 

先ほどあなたが作った
データストリームをクリックします。

 

ウェブストリームの詳細の一番下の
「タグ付けの詳細設定」をクリック

 

下の画像の赤枠の部分をクリックします。

あなたのパソコンでは日本語で
表示されているかもしれませんが、
同じマークのところをクリックして進みましょう。

 

この画面で「作成」ボタンをクリック

 

設定の画面で
あなたの好きな任意の名前を入力
下の右側はあなたのIPアドレスを入力

 

 

入力が完了したら右上の
「作成」をクリックします。

 

そうしましたら、アナリティクスの
左のメニュー「管理」をクリックして、
プロパティのブロックの
「データ設定」をクリックします。

 

「データ設定」をクリックすると現れる
「データフィルタ」をクリックします。

 

先ほどあなたが作成したデータフィルタを
「テスト」から「有効」にするために
右側の「 ︙ 」をクリックします。

 

「フィルタを有効にする」をクリック

 

確認の質問が来ますので、もう1度
「フィルタを有効にする」をクリック

 

これで、フィルタが有効になり
管理者除外設定が完了しました。

 

管理者除外設定の補足について

管理者除外設定の補足については
こちらの記事にまとめていますので
参考にされてくださいね。

Googleアナリティクスの導入と設定や管理者除外設定の方法[テンプレートSimplicity編]Googleアナリティクスの導入と設定や管理者除外設定の方法[テンプレートSimplicity編]を動画講習で学ぼう♪そして、管理者除外設定の補足についても綴ってみました。...

 

それでは、
今日も最後までご覧いただきまして
ありがとうございます。

アフィリエイト完全初心者が
月収10万円を稼ぐための予備校

メルマガ登録で教科書無料プレゼント