イヤな会社に縛られずPC1台で自由に稼ぐ
元ブラック塾講師Osamu先生が要介護の母の面倒を見ながらPC1台で稼ぐブログ

Osamu自己紹介

はじめまして。

このたびは数あるサイトの中から
私のサイトに訪問していただき
ありがとうございます。

 

私は1972年生まれの
Osamu(小林修)と申します。

私は現在、要介護の母親の面倒を見ながら
インターネットを使ったビジネス

「アフィリエイト」をやっています。

 

ネットビジネス・アフィリエイト
に出会ったことにより、

 

要介護の母親の面倒を見ながら
収益を上げることもできています♪

 

母の面倒を見ながら月収10万円
得ることができました。

 

そして2020年4月には
80万円もの月収
得ることができました!

 

インターネットを使って、
ほぼ自動的に収益が発生する仕組み
作ったことによって、

●要介護の母親の姿を見ていられるから安心できる

●母親がもし具合が悪くなってもすぐに対応できる

●母親が入院しても病院でお仕事もできる

 

実際、母親が入院した時も
病院でお仕事ができました。

なので、このネットビジネスは
お勤めをさてれいる会社員だったら、

●会社から帰ってきても副業として取り組むことができる

●本業の収入に上乗せができてお金の不安が減る

●本業以上の収益が得られるようになったらイヤな会社を辞めることもできる

ということも可能になってくる
ということですね!

 

また、休日と違い
平日昼間のカフェ

 

他のお客さんが少ないので、
記事を書くのにはいいですね♪

母親を一緒に連れて行くことで
気分転換になると喜ばれています(笑)

 

そんなこと言ってるけど

「ネットビジネス」って言葉自体が

なんだか詐欺っぽく聞こえるんですけど!

とか、

たとえ稼げるとしても、

特別な能力がある人だけなんじゃないの?

とか思っています?

 

Osamu
Osamu
実は私も最初はそう思っていました(笑)

 

そこで、最初は私自身も怪しすぎる
と思っていたネットビジネス
なぜ稼げるようになったのか?について、

 

これから詳しく
お伝えしていこうと思います。

 

就職氷河期だったころに新卒で正社員になった

私が就職活動をしていた時代に
「就職氷河期」という造語ができました。

 

私は特にやりたい仕事もなく、
なんとなく内定をもらった
企業に就職しました。

 

まあ、内定を頂けただけでも
ラッキーだったのでしょうね。

 

私の周りには、
何十社も会社とやり取りをしても
内定をもらえない人がゴロゴロいました。

 

私が入社した会社は、
全国展開とまではいっていませんが、

 

そこそこ広範囲への
チェーン展開をしている

 

ホームセンターを
運営している会社でした。

 

そして、その企業の風習
とでもいうのでしょうか?

 

平成になってまだ間もない時で、
昭和の名残もまだあったのでしょうか?

 

その職場では残業の長さを
自慢しあうような職場でした。

 

もしかしたら、令和になった今でも
そういう会社はあるのでしょうか。

 

また、どれだけ長い時間職場で
作業をしているかが「仕事ができる人」

 

みたいな雰囲気が
プンプンしている時代でした。

 

私自身の経験で、
その会社が新卒で初めて正社員として
働いた会社だったので、

 

その労働時間の長さは
普通のものだと思っていました。

 

Osamu
Osamu
働くってそういうものなんだ。

 

事務職でなかった私は、
そういう過酷な労働が「仕事ができる」

 

ということだと勘違いしていたためか、
万歩計の歩数の多さで

 

「仕事ができる」アピールを
しようとしていました(笑)


当時付けていた万歩計
出典:https://www.nintendo.co.jp/

 

「たまごっち」ブームの
ちょっと後に販売されていたものですね。

 

歩数計でアピールするだけあって、
私の1日の歩数は毎日30,000歩を
カウントしていました!

 

1歩75㎝だとしても、およそ22キロ、
毎日仕事中にハーフマラソンを
しているようなものです。

 

そんな状態なので、足の裏からは
得体のしれない液体が
にじみ出ていました。

これは怖かったです。

Osamu
Osamu
うそでしょ!

何だ、この液体は!

足の裏から妙な汁が出てる!!

 

ちなみにこの歩数計は、
歩数によってゲームができる
というものでしたので、

 

あっという間にゲームがクリアできたと
いう記憶も残っています(笑)

 

そんな中で、上司が変わりました。

 

その上司は、今でも人間として
「悪い意味で」ナンバーワンです。

 

私から見て、
これ以上の人間は出てこないでしょう、
と断言できるほどです。

 

まず、日替わりで言うことが
ころころ変わります。

 

昨日聞いたことを今日やっていると
怒鳴りつけられます。

 

そして、休憩時間に休憩していると、
その上司から

クソ上司
クソ上司
お前、休憩してる場合じゃね~だろがっ!

と、気分次第で怒鳴られる始末です。

 

また、その上司に言われた通りに
作業したことによって
取引先が激怒した時もありました。

 

そんな時は

クソ上司
クソ上司
それは、お前の判断でやったことだよな!!

と、また怒鳴られます。

 

いつしか、寝ても覚めてもそのクソ上司
頭に出てくるようになっていました。

Osamu
Osamu
あのクソ上司が頭から離れない!

ムカつくやつだなぁ!!

ノイローゼ気味だったのかもしれません。

 

今で言う「パワハラ上司」
とでもいうのでしょうか?

 

私は、この上司と関わることによって、
「カッとなって」人を傷つけてしまった

 

犯罪者の気持ちがちょっとだけ
分かるような気がしてきました。

 

ある意味貴重な体験
だったかもしれませんね。

 

この人に関わっていたら
自分がおかしくなってしまう!

 

もしかしたら、
私自身が「カッとなって」

 

このクソ上司に
何をしでかすか分からない、
と思いこの会社は退職しました。

 

ハーバライフのネットワークビジネスに出会う

半分逃げ出すように退職した
この会社でしたが、

 

失業保険をもらいながら
次の会社を決めればいいや、

 

簡単に次の会社は決まるだろう。
と思っていました。

 

当時はまだ若かったし、

Osamu
Osamu
余裕で次の会社決まるでしょ♪

って感じでした。

 

しかし、新卒で入った会社を辞めると
なかなか次の会社って決まらない
ということが実感できました。

 

なんとなく「レール」から
外れた感じも味わいました。

 

Osamu
Osamu

ちょっとヤバいかも!

なかなか次の会社が決まらない!!

 

その当時は、新卒で入った会社を
辞めてしまうことは

 

「非常識」的な感じ
すごくあった時代でした。

 

そんな中で、
私のところに入ってきたものは、
怪しそうなお仕事のお話でした。

 

いい話、ありまっせ~♪

 

その当時の私には
このようなお仕事があること自体
全く知りませんでした。

 

というか、最初は「なんかいい話がある」
くらいな感じで中身は何の話しなのか
全く分からない状態でした。

 

とにかく説明会があるから、
会場に来たらいいですよ。と、
何回も言われていました。

 

当時は新興宗教の勧誘とか、
キャッチセールスなんていうのも

 

流行っていた時代だったので、
怪しさしか感じない状態でしたね。

 

Osamu
Osamu
これ、
絶対ヤバい勧誘だよな・・・

1回だけ行ってから断ろう。

 

その誘いがあまりにもしつこいので、
1回会場に行って断れば
2度と誘われることもないだろうと思い、

 

最悪、拉致されてもいいように(笑)
身分の分かるものは一切持たず、

 

最小限の交通費だけを持って
会場に行ったのをよく覚えています。

 

Osamu
Osamu

よし、「手ぶら」だったら

身ぐるみはがされても大丈夫だな♪

 

会場に行ってみて初めて
ハーバライフのネットワークビジネス
お話だということが分かりました。

 

その会場で聞いた
ハーバライフのネットワークビジネス
非常識な収入に驚いた私は、

 

こんな世界が世の中にはあるんだ!
と思いましたね。

その当時は、
サラリーマンとして働くことしか知らず、

 

会社からもらう給料で
カツカツの生活をしていくという

 

手段しか知らなかった当時の私には
衝撃が走りました。

 

ハーバライフのネットワークビジネス
非常識な収入は、当時の非常識な私に
ぴったりだと思いました。

 

Osamu
Osamu

レールから外れた

非常識な自分にぴったりかも!

 

「あなたも私と一緒に
ライフスタイルを激変させましょう!」

 

の言葉に後押しされて
私はこのビジネスを
始めることにしました。

 

ビジネスを始めてみると
実際に非常識な収入を
得ることができたんです。

 

レールから外れてしまった会社員には
到底無理な年収1,000万円の大台を
超えることもできました。

 

本当に夢のようだったのを覚えています。

 

しかし、次第に
自転車操業的な感じになっていき、

 

仕事時間も
先の会社どころではないくらい
多くなっていきまっした。

 

実際に私がやってみて分かった
このビジネスの特徴をまとめてみると

●在庫を持たなければビジネスが進まない

 

●人と接するので活動費や交通費や交際費がすごくかかる

 

●たくさんのいろいろな事情をもった人と接するので昼夜自分の時間を取られてしまう

(あくまでも個人的な感想です)

ということで、
たくさん収入を得るようになってくると
たくさんの支出が出ていくようになり、

 

自分の時間が
だんだん取れなくなっていき、

 

収入をもらっても
嬉しく感じないように
なってしまっていきました。

 

Osamu
Osamu

お金がたくさんもらえても

全然うれしくないなぁ・・・

しかも、辛さの方が大きい・・・

 

その時の私は精神的にも
かなり追い詰められていたのでしょう。

 

精神的に追い詰められている時って、

判断能力が
すごく低下するのかもしれません。

 

そんな時に簡単に騙されてしまい、
一夜にして借金700万円を
背負うことになってしまいました。

 

Osamu
Osamu

うわぁぁぁ!騙された!

もう、人生終わりだぁぁぁ!

 

詐欺師の目から見た当時の私は
「絶好のカモ」だったのでしょうね(笑)

 

人って、弱っている時は、
騙されている感覚がないのかも
しれないですね。

 

それをきっかけに
このビジネスから足を洗うことにして、

 

借金を返すためだけに
会社で働くという生活になりました。

 

借金返済のためだけに刑務所のような職場で働いた日々「懲役5年」

会社で働く、と言っても
すでにレールから外れて脱線している私に
まともな働き口なんてありません。

 

とにかく
借金を返さなければならないので、

 

ブラック企業だと
分かっていても働きました。

 

Osamu
Osamu

どの職場でもいい。

とにかく
借金を返せればいい。

 

実はこの職場に入るとき、
自分のせいで作った借金なので、

 

5年で完済を目指し、
自らを「懲役5年」と決めて
この職場で働き始めました。

 

この職場は、Amazonや楽天にも
商品を流通させている巨大倉庫でした。

 

始業は7:00です。
名目上終業は16:00ですが、

 

実際はここからが
後半戦のような感じです。

 

私は借金返済のお金を稼ぐだけの
マシーンと化していました。

 

実際に仕事を終わりにできるのは、
通称「テッペン」と言われる
深夜0:00でした。

残業時間100時間オーバーは
当然のようでした。

 

Osamu
Osamu

いつも眠いなぁ~

まぁ仕方ないな、懲役中だし。

 

さらに衝撃的だったのは、
その職場には

 

「有給休暇」という単語は
存在していなかったことです。

 

給与明細の有給休暇欄には
何の記載もありませんでした。

 

Osamu
Osamu

この職場「有給休暇」って無いんだ。

まぁ仕方ないな、懲役中だし。

 

その職場にいる従業員も
夢を持って仕事をしている人など
いるわけもなく、

 

職場の雰囲気も殺伐としていて、
怒鳴り合う声も
よく聞こえているところでした。

 

あちこちでケンカ、
怒鳴り合う声も良く聞こえます

 

「テメー何やってる!」

「ぶっとばすぞ!」

 

Osamu
Osamu

怖っ!

この人たちには近づかないようにしよう。

 

この職場の
労働時間の長さなのでしょうか?

 

結婚している人でも
多くの人が離婚していきました。

 

また、異様にバツイチ以上の人も
たくさんいる職場でした。

 

このご時世に
喫煙率も9割を超えていて、
喫煙マナーも悪いところでした。

 

喫煙所の汚さはハンパなかったですね。
私はタバコを吸わないので
良かったですが。

 

Osamu
Osamu

喫煙所、汚ね~な~!

この職場、マナー最悪だ。

 

雰囲気的にも物理的にも
空気の悪い職場だということが
伝わるのではないでしょうか?

 

それでも私は自分に課した
「懲役5年」のお務めを終え、
借金は完済することができました。

 

Osamu
Osamu

お務め、ご苦労様でした。

本当に、
ほぼ5年かかりましたね♪

(心の声)

 

私は実際に刑務所には
入ったことはないですが、

 

もしかしたら、この職場は
刑務所以下だったかもしれませんね。

 

借金を完済すれば、
この会社にいる理由が何もないので、
退職しました。

 

「お金」について学び「投資詐欺」で騙される

借金を完済した私は
ちょっとだけ心にゆとりが
できたのでしょうか。

 

お金についていろいろな本を
読みあさるようになってきました。

 

この時期には
本田健さんの著書をはじめ、
数百冊の本を読みあさりました。

 

そのうち
スピリチュアル系の本にも
到達しましたが、

 

お金とスピリチュアルには
つながりがあることも
分かってきました。

 

そんな中で、
「投資」についても学びながら
実践もするようになっていきました。

 

「投資話」って言葉を
聞くだけでも怪しい香りが
プンプンしてきますよね(笑)

 

実際、世の中に
出回っている投資話は、

 

ほとんどが詐欺案件
だということですが、

 

その詐欺案件もその時々の
「トレンド」にちなんだものが
多いということです。

 

私が印象に残っている詐欺案件は、

2010年代半ばの
「カジノ法案(IR推進法)」

成立したころのものです。

 

(しっかり騙されているのですが(笑))

 

「カジノで一番お金を使うのは
富裕層の人たちで総売り上げの90%」
だと言っていました。

 

おそらく、
この情報は本当のことでしょう。

 

そういった本当の情報を
織り交ぜながら絶妙にお金を集めます。

 

そうして集めたお金を
高利率で運用していくことは
可能だということを、

 

本当の情報を織り交ぜながら
説明していくのですね。

 

しかも、集めたお金を
下ろさせないために、

 

実在する人物である
「ウォーレンバフェット」
の名前も出して、

 

長期保有がすごいんだ!
言い聞かせていました。

 

※ウォーレンバフェットは株式を長期保有していることで有名な方

 

Osamu
Osamu
それって、
お金を引き出させないための作戦じゃね?

これは、ちょっと怪しいかもしれないな。

でも、手遅れだ(T_T)

 

私は、お金を出してしまった後に
「怪しい。終わった」

 

と思っていましたが、
案の定「詐欺案件」でしたね。

 

私ではありませんでしたが、
そこに1,000万円を
つっこんでいた人もいました。

 

「投資話」って言葉は
ちょっとしたトラウマかもしれません。

 

そんな失敗も経験している中で、
私は次の仕事場に行くことになります。

 

憧れの先輩が経営していた学習塾で働く

そんな私に声がかかったのが
憧れの先輩からでした。

 

その人の個人経営の
「学習塾」で働いてみないか?
というお誘いでした。

 

大好きな人から誘われた
ということで、

 

二つ返事でその学習塾
働くことを決めました。

 

Osamu
Osamu
先輩、マジっすか?

俺、先輩のためにガンバリます♪

 

当然ですが、仕事をするとなると、
どうしても「社長」と「従業員」
の関係になりますよね。

 

社長と言っても
個人経営の零細企業です。

 

正直、給料も「死なない程度」
なくらいの安月給でした。

 

その割に拘束時間も多くて
完全に労働基準法は無視の状態でした。

 

Osamu
Osamu
ヤバい、給料少なっ!

ちょっと、まずいな。

 

職場に「残業」という概念は無く、

仕事は
「やることすべてが終わったら」終了
という状態でした。

 

また、普段からの社長の話の中で
「経営者目線でのお仕事」という名目で
時間で仕事をしているようではダメだ。

 

ということを
いつも聞かされているので、

 

定刻の1~2時間前に
出社せざるを得ない状態が
続いていました。

社長
社長
時間で仕事をしているようではまだまだだな

オレなんか、会社員時代は、会社で寝泊まりをしていたよ

定時でタイムカードを押してからが、作業開始みたいだったよな

 

Osamu
Osamu
こんな話しされちゃったら、定時で帰れないな・・・

出勤時間も早めないとマズいかな?

これって、なんかおかしくないか?

 

これはパワハラとでもいうのでしょうか?

 

ということで、
「残業時間」という概念を持って、

 

1日8時間
週休2日ベースで計算してみると、

 

「残業時間」は
100時間を越えている状態が
続いていました。

 

当然、この職場には
「残業」という概念がないので、

 

給料に「残業代」という
上乗せはありませんでした。

 

俗にいう「サービス残業」ですね。

 

Osamu
Osamu
残業代が全く出ない・・・

 

残業代という観点だけで見ると、
もしかしたら、先の刑務所以下の職場
以下なのかもしれませんね。

 

(刑務所以下の職場でも、
残業代は出ていましたから)

 

そして、この職場は、
簡単にいえば「ブラック企業」ですね。

 

私とブラック企業の遭遇率は
すごく高いですね(笑)

 

Osamu
Osamu
結局、ブラック企業か・・・

またやっちまったか・・・

 

零細企業にもかかわらず、
数少ない人の中での人間関係も
悪い状態でした。

 

年下の上司の理不尽で
気まぐれな言動にも
振り回される始末でした。

 

Osamu
Osamu
オレは、何のために働いているのだろう?

 

という状態でした。

 

ネットビジネスに出会う

そんな時に、ネットを見ていて
気になるホームページに出会いました。

 

普段だったら
スルーしていたかもしれません。

 

でもその時の私はなぜか気になり
読み進めていきました。

 

そのホームページの方は

●ブラック企業に勤めている不満だらけのサラリーマンだったということ

●会社のひどい対応に心身ともおかしくなってしまったということ

 

Osamu
Osamu

何これ、
私とすっげ~似てる、

私以外にもこういう人って

いるんだな~。

 

と思いながら
すごく共感している自分がいました。

 

しかも、もっと共感したのはこの方も

・人脈、コネも無い
・取り柄も特に無い
・スキルも無い
・お金も無い

私と全く同じような境遇の方でした。

 

さらにこのホームページの方は

●パソコン1台でできるネットビジネスで普通のサラリーマン以上の収入を得ているということ

 

●ネットビジネスでの収入があるので、その会社に勤める必要がなくなり辞表を叩きつけて退職したということ

 

Osamu
Osamu
ウソでしょ?!

すっげ~うらやましすぎる!

マジなのか!

 

本当にうらやましく感じました。

 

この方のやっているネットビジネスは
アフィリエイトというものでした。

 

Googleアドセンスという広告
自分のサイトに貼りつけて、

 

自分の記事を読んだ人が
広告をクリックしたときに
収益が出るといったものでした。

 

それだけでなく、
このホームページの方は
会社を辞めた後のライフスタイルが

●気分次第で曜日関係なくノートPCを持ってふらっと出かけた先でパソコンを広げて作業

 

●オフシーズンに自分の行きたいところにサクッと旅をしている

など、行きたいときに行ける
自由があることや、

 

仕事を自分自身で自由に
コントロールしていることに
すごく魅せられました。

 

すべてが自由であること

 

これって、
私が求めていたものでした。

 

私もこの方と同じような
ライフスタイルを手に入れたい!
と思いました。

 

Osamu
Osamu
いや待てよ、

なんかこういったうまい話って、

以前聞いたことがあるぞ。

 

とも思いました。

 

でも、このままこの学習塾にいても、
このままの生活が続くだけで

 

何もないまま年を取ってしまうだけで
何も残らないことは確実でした。

 

だったら、ダメもとで
「ダマされてもいいや」くらいの感じで

 

ネットビジネスに
チャレンジしようと決めました。

 

たとえダマされたとしても
「詐欺案件」ほどの
被害にはなりませんから、
と割り切りました(笑)

 

Osamu
Osamu
在庫も持たないし

店を開かなくていいから初期投資ってかからないよな

投資話の時みたいに多額の現金を出さなくていいのか

 

もちろん、このホームページの方が
私のメンター(師匠)になっている人です。

 

私はこのメンターが募集していた
コンサル企画に飛び込みました。
「自己投資案件」ですね(笑)

 

実はこの時
私はまだメンターとも実際に
顔を合わせていない状態でした。

 

でも、この時の
勇気を振り絞って決めた

 

当時の私の判断を
ほめてあげたいと思っています。

 

ネットビジネス開始・恐怖との戦いだった

私はネットビジネスを
副業として始めて、

 

メンターのように
ネットビジネスで
稼げるようになってから

 

学習塾を辞めようと
思っていました。

 

当時私は、
東京で暮らしていたのですが、

 

田舎にいる母親が
「要介護」状態に
なってしまいました。

 

そのため私は、
母親の面倒をみるために
田舎に戻ることになりました。

 

職場を辞める順番が
逆になってしまったのです。

 

正直、アフィリエイトの
ネットビジネスでの
実績も出ていない状態で、

 

お勤めもできない状態での
スタートはとても「不安」でした。

 

不安を通り越して
「恐怖」に近いような感覚
だったのかもしれません。

Osamu
Osamu
ヤバいな!

まだ実績が出てないのに

会社辞めることになってしまった

給料がないって不安だ~!

というか「恐怖」だ~(T_T)

 

たとえイヤな職場でも
お勤めをしていれば
多少なりとも給料は頂けます。

 

やはり「無収入」っていう状態には
恐怖を感じました。

 

それでもやることをやって
実績を作っていくしかありません。

 

私はメンターの教えに従い、
Googleアドセンスの広告
貼り付けるための

 

審査に通るための
準備をするところから始めました。

 

何も分からない私は
教わった通りの記事の書き方で
執筆した結果、

 

一回でGoogleアドセンスの
審査を通過することができました。

 

そして、広告を貼ることができて、
ようやくアフィリエイトのお仕事を
スタートできることになりました。

 

いよいよ記事を書いていく
という段階に入りましたが、

 

何も分からない私に
メンターは的確に
指導をしてくれました。

 

そして、メンター
記事を書き始めた私に

メンター
メンター
このお仕事は難しいものではなく、簡単なんです。

でも、勘違いしてほしくないのは、

楽して稼ぐ仕事ではないですよ。

と教えてくれました。

 

そうなんです。
このビジネスはよくある
キャッチフレーズの

 

「1日5分の作業で月収〇〇〇万円」

「1クリックで1日〇万円の収入」

 

ということではないのです。

 

そして、このビジネスで重要なことは、

●ちゃんとしたメンターから教えてもらうこと

●そのメンターの教えに忠実に従うこと

●その教えをひたすら継続していくこと

ここがすごく大切なポイント
だということも教えていただきました。

裏技などはありません。

 

しかし、上記の3つのことを守れば
成果を出すことができるということを
私は実感することもできました。

 

でも、最初のころは
ズレがとても多いので、

 

メンターにそのズレを
修正してもらうことが
多かったですね。

 

そして、自分のサイトに
記事を書いていくときにも
メンターの教えの通りに
書いていきました。

 

何も分からずに始めた私ですが、
最初の1カ月目は320円の収益でした!

「たったそれだけ?」

とツッコまれそうですが、
私はものすごい可能性を感じました。

 

それは、在庫も店も持たなくても
収益を上げることができたことです。

 

Osamu
Osamu
ネットビジネスってすごい可能性あるじゃん♪

店舗も在庫も要らないな!

 

そして、メンターからの教えを
ひたすら継続していくことによって、

2019年2月:320円

2019年3月:1,400円

2019年4月:1,113円

2019年5月:2,319円

2019年6月:6,149円

2019年7月:20,179円

2019年8月:13,613円

2019年9月:21,179円

2019年10月:42,721円

2019年11月:63,628円

そして、要介護の母親の面倒を
見ながらでも10万円を越える収益を
上げることができました。

2019年12月:101,841円

そして、2020年4月には、
サイトのM&Aによって

 

80万円の収益
上げることができました!

ここまで来て思うのは、
やはりこのビジネスは、作業自体は
難しいお仕事ではないということ。

 

一番大変だと思ったのは、
3か条の3番目の

「ひたすら継続していくこと」

これに尽きると思いました。

 

ネットビジネスは
収益が上がりはじめる前に
挫折してしまう人がほとんどである、
と言われているようです。

 

そのことは私もこのビジネスを
やってみてすごく分かりました。

 

多分、私一人だったら
ここまで来ることは
できなかったと思います。

 

完全に
心が折れてしまっていたと思います。

 

メンターと二人三脚で
来たからこその結果だと思っています。

 

本当にこのビジネスは、
楽して稼ぐようなビジネスではなく、

●ちゃんとしたメンターから教えてもらうこと

●そのメンターの教えに忠実に従うこと

●その教えをひたすら継続していくこと

本当に重要である
ということが分かりました。

 

ここまで読んでいただいたあなたに伝えたいこと

ここまで読んでいただいた
あなたに伝えたいこと、それは

●アラフィフのおっちゃん

●何度も転職している

●ネットワークビジネスでもダメだった

●何のスキルも持っていない

こんな私でもできたように
正しい方向に導いてくれる
メンターに教わり、

 

その教えをひたすら
継続していくことで

 

どんな人でも自からの力で
稼ぐことができるようになるのです。

 

私は会社勤めをしている時に
「何のために仕事をしているのだろう」
という将来の不安や無気力さから

 

人に雇われて働くのではなく、
自分のペースで

経済的自由

時間的自由

ストレスフリー

な生活を送るための道を選びました。

 

平日の昼間からのんびりと
カフェでノートPCを開いて
記事を書くこともできます。

要介護の母も
気分転換になってよかった
と言ってくれています。

 

その時に書いた記事が、
24時間・365日働いてくれて

 

自動で収益が上がって
口座にお金が振り込まれてくる。

 

以前では考えられなかった
そんな生活が

 

今では誰もが送れる時代に
なっています♪

 

今、ここまでこの記事を
読んでくださっているあなたは

 

きっと私のプロフィールを見て
きっとこう思っているでしょう♪

こいつが稼げるのなら絶対自分も稼げる!

 

はい♪正解です!その通りです!

 

私は以前、理不尽な上司に対しては
「お前が悪いのだからお前が変われよ」
と思っていました。

 

昔からの会社の厳しい風習に対しても
「会社が変わらなければダメだ」
とも思っていました。

 

しかし、自分の思うように
相手を変えることはできませんでした。

 

でも私は、気づきました。

 

相手を変えるのではなく
自分が変わればいいんだ!

 

だから私は自分の人生を
自分自身で変えるために
ネットビジネスを本気で始めました。

 

もし今、あなたが
経済的にも時間的にも精神的にも
不自由だと思うことがあるのでしたら、

 

ネットビジネスを
本気で取り組むことによって

 

それらをすべて
解消することができます。

 

ぜひ、私と一緒に
自由な人生を歩み始めてみませんか?

 

アフィリエイト完全初心者が
月収10万円を稼ぐための予備校

メルマガ登録で教科書無料プレゼント